今日も暦の上では大寒辺りでもかなりあたたかなカラフルdays。

先日は初春能を楽しみ(半分は寝てましたが・・・。それでもいいそうですよ~。だって幽霊のお話だから)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

翌日は前川清のファミリーコンサート。またこれが面白いのなんのって。
テレビで九州の田舎を回る番組をされているせいで、もう昔若者の方ばかり。
もちろん私もそのうちの一人です。

 

前川さんと息子さん・お嬢さんも出演されてアットホームな雰囲気!(^^)!

 

最後は、ご本人が客席を回ってビデオ・写真OKのサービスぶり。歌の途中で話しかけられたら答えたり、握手したり肩を組んだり、もう客席でのパフォーマンスにびっくり。見たことない。
プレゼント、おひねりもちろんOK!

あるおじさんがおもむろにポケットから財布を取り出し千円札を手渡すと会場のみんなで大うけ。
前川さん、大切に胸のポケットに入れてました。

 

 

 

 

 

 

 

 

これじゃあ誰でもファンになるよねー。

若い子じゃなくても追っかけするよねー。
(現にお隣に座ってらした奥様は数回追っかけました~と。)

 

握手してくれたり、お話してくれたら熱烈なファンになるよねー。

 

さすがプロは違うなあ。
2階席までその熱気と興奮が伝わりました。

 

 

私は舞台の上に何を見ているのかな。

 

能や歌謡コンサートなど舞台は、私をしばし異次元の世界に連れていきます。

 

何の変哲もない日常と平々凡々な人生を生きている私が
歌の中では絶世の美女となりたぐいまれなる美男子と世にも美しい恋愛をし
その果てのつらい別れがあってダイヤモンドの涙を流すのです。
夢の世界ですね。
男もしかり。

 

能でも、生前の感情が拡大され死してなお思いだけが大きくなってさまよう様が
舞(あんまり動かないけどね)で表現されます。
本人もなりたくて幽霊になっているわけじゃあないでしょうにね。
で、お坊さんのお経で成仏するの。
*生きてる人の話もありますが、おおよそはね・・

 

客席の私は舞や歌の中に没入し、悲劇のヒロイン・ヒーローの心根を存分に味わい歓喜し悲哀にくれ
成仏します???

 

舞台は、
能でも歌謡曲でも
人の心・どうにもならぬ性(さが)をわがことととして体感し
その後心を浄化してくれるもののようでした。

 

改めて舞台という異次元の世界について考えたのも、あまりに違う世界観の舞台を立て続けに鑑賞したからかな?

『遊びをせむとや生まれけむ』ですね。

 

一緒に行った妹は、興奮冷めやらず「出待ち」してツーショット写真ゲットしました(^^♪

 

 

 

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

あなたの一日が幸せ色に包まれたカラフルdayでありますように。