今朝の気分は何色?

朝、出がけに急に気が変わって、

着るつもりの洋服、「今日はこの服の気分じゃないっ‼」と感じて

慌ててクローゼットから別の服を取り出したという経験ありませんか?

原因は、その服のデザインというより、色であることが多いのでは?

これって、

今朝の自分の心が、服の色を選んでいるのです。

 

色にはそれぞれの独自のエネルギーがあります。色の違いはエネルギーの違いで、そのエネルギーは人の心のエネルギーの強弱と共振共鳴することが多いのです。

ですから、選んだ服の色のエネルギーと今朝の心のエネルギーとがかけ離れていると、何となく違和感を覚え「今日はこの色の気分ではない‼」と思うのです。

また、

「今日は元気を出したいから、明るい色の服を着よう。」とか、「今日は他社との打ち合わせがあるから、落ち着いて見えるように青のスーツにしよう。」とかで、服を選ぶこともありますね。こうなりたい、こう見られたいという理由で服の色を選ぶのです。リクルートスーツなどもその代表です。

このように、私たちは、日常生活の中で意識する・しないにかかわらず、心と色が互いに影響を与え合っているのを知っているようです。